2017年09月07日

こんにちは!

こんにちは!

こころです😃



先日、ツイッターにも書いたのだけれど、

『桜雨』のPVでお世話になったバンド、『SuG』さんの活動休止前ラストライブの武道館公演にお邪魔させて頂きました。

ライブ全編を見終わったときに、
、、なんていうか。

「単純な感想を。」というのではなく、
自分の言葉で今日みた気持ち、感情を書きたいなって、ブログに残したくて、感じたことが劣化しないうちに書きますね!


公演中のSuGさんはずっとずっと全力疾走でした。
見ている側ももちろんだけれど気をぬくタイミングなんて一瞬もなかった。
俺らのパフォーマンスはこうだ!10年間はこうだったんだ!ってファンの方にとっては当たり前みたいなことかもしれないけれど、
世界観が完璧すぎるくらいに完璧で、圧倒されるまでの集大成、引き込まれ、魅了されて、感情がジェットコースターに乗せられているみたいに、音楽に合わせてブンブン振り回されて、 武道館でのライブは色んなアーティストの方の公演、何度か見たことがあったけれど、こんなに1公演中シーン毎に気持ちがあちらこちらに連れていかれる体験をしたのが初めてでした。

ライブを見ているというよりは、ミュージカル?映画?大きくいうと人生みたいなそんな感覚でとても驚いてしまったんです。


私がPVに出演させて頂いた 『桜雨』という曲では、PVが武道館の大きなスクリーンに映っていて、映る映像はとても美しいのですが、こう……なんか…体の中が煮えてくるみたいに恥ずかしいような、嬉しいような、だから客観視してしまうような、でも自分の事のような(自分がでているんだけれど…)表現しきれない感動と、SuGさんのラストライブのパフォーマンスの一つとしても使って頂けた事が凄く嬉しかったです。
右も左もわからない中での撮影だったので、沢山ご迷惑などおかけしたと思いますが、作品に少しでも携わる事が出来た事、改めてとてもとても幸せに思いました。


私も、自身のグループ活動を丁度一年前くらいに辞めていて、
終始、なんだかなぁ。上手くいかないな。という思いをし続けてそれでも必死に必死にこれは違うってことに抗ってグループを守ってきたつもりが結果、心も体も二度と追いつかなくなって、自分の中で得るものより無くすものが多くなっちゃって、もう心が死んじゃってみんなに元気をあげるどころか自分の生きていく気力もなく、
プティパをなんとしても!って続ける事が周りの迷惑になってしまうことばかりになっていて
辞めてしまうことになったのだけれど、
最後もっともっとみんなに何か伝えられたメッセージがあったんじゃないか。こんな終わり方したかったんじゃなかったんじゃないか。ってそう考えさせられていて。解散後、自分の中でプティパの存在が蟠りになっている部分はそういうことなのかも…と思ってしまった。

もう一度やるか?と聞かれたら
もう出来ないとしか答えられないけれど心残りがあるんだなって感じさせられたんだ。このライブを見て。

だからってタイムマシンで戻って教えたり、タイムライン変えられたりなんかしないんだけど、
あの時の私達を見てくれてた人には、 最後ぐらい完璧なもの すら見せてあげられなかったことを本当に申し訳なく思っています。ごめんなさい。

MCでボーカルの武瑠さんが
「武道館でライブを見て、夢を見た何もなかったただの男の子だった過去の自分が、夢を叶えてここにいることを見ることで、皆も
自分なんか(何も出来ない)…って思うのはやめて一歩踏み出してほしい」
って言っていて、
私は過去の私を今幸せにできてるかな?
ファンの方にこんな無理矢理でも前向きな言葉を残せなかったな、

だったら残せるような活動をしていかなくちゃなって思ったよ。

文が下手くそで、感じている十分の一も伝えられてないけれど、
自分の人生を明らかに動かされたライブだったんだ。


真面目で長くなっちゃったから今日はここまで笑!

それではまた書きます!

またねーbye👋

IMG_6750.JPG


IMG_6751.JPG
posted by こころ at 21:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。